創ろう!仙台の未来を!!

仙台市議会議員候補(太白区)
自民党推薦

千葉修平

松下政経塾出身、元社会部記者

ちば修平 プロフィール

太白区八木山南在住
44歳
昭和50年1月24日生

学歴

太白すぎのこ幼稚園卒
仙台市立上野山小学校卒
市立山田中学校卒
宮城県立仙台第一高校卒
北海道大学法学部卒
京都大学大学院修了(公共政策専攻)

職歴

毎日新聞記者(京都支局、大阪社会部など9年間勤務)
公益財団法人松下政経塾(第30期生)
イリス経済研究所研究員

松下政経塾の先輩である村井嘉浩・宮城県知事と

その他

米国務省の「The International Visitor Leadership Program」(IVLP)に招待され日米同盟をテーマに米国各地を訪問
新渡戸国際塾(6期生、東京・国際文化会館主催)

東日本大震災直後に宮城・亘理町にて震災ボランティア。この時は自身の家も津波で全壊となった。

趣味

剣道(2段)、茶道(裏千家)、スキー、読書

愛読書

「指導者とは」(R.ニクソン)、「道を開く」(松下幸之助)、「東洋宰相学」(安岡正篤)、「国家の品格」(藤原正彦)

尊敬する人物

白洲次郎、原敬、リー・クアン・ユー(シンガポール建国の父)

家族構成

妻(40歳)、長男(4歳)

はじめまして、
ちば修平と申します

ご挨拶

新聞記者時代。冬の繁華街の路上で寝ている年老いた女性のホームレスの姿を見ました。普段の私ならば通り過ぎたであろう光景でしたが、なぜかその時は他人ごとに思えず、日本社会のありかたを考えるきっかけになりました。
「普通の人が暮らしにくい世の中になっていないだろうか」
今は時代の転換期です。ここ仙台でも、将来に不安を抱える人も多いのではないでしょうか?ましてや東日本大震災の爪痕に、まだ癒されていない人々も多くいるでしょう。
私の目標は、人々の将来不安を払しょくし、額に汗してまじめに働いた人が報われ、日本人であることに自信と誇りを持てる社会を、そして日本人のきずなを、日本の国柄を次の世代に「つなぐ」ことです。
故郷の仙台の地から、処方せんを示し、日本全体に発信していきたいと考えています。

みなさん、困難な時代だからこそ、私と一緒に仙台の未来を切り開きましょう。時代を創るのは、一人の英雄ではなく、私たち一人ひとりの挑戦の積み重ねなのです。どうぞ、応援よろしくお願い致します。

ちば修平 3つの強み

  1. 1. 記者時代に培った「調査力」と「フットワーク」
  2. 2. 現場経験と知識に裏付けられた「政策力」
  3. 3. 仙台の未来を「時代の視点でとらえる力」

仙台の未来を創る6つの基本政策

活動報告

応援のお願い

活動メンバー募集
太白区で一緒に活動して頂ける方を大募集しています。街頭活動でのビラ配り、車の運転、事務所での簡単な作業など、どんなことでも構いません。日々の活動をサポートして頂ける方を随時大募集しています。子連れ参加大歓迎です。
ポスター掲示のお願い
太白区のご自宅の壁や駐車場に、ポスター掲示のご協力をお願いします。農地やフェンス等の掲示も可能ですので、ぜひ掲示場所をご提供ください。ポスターは防水加工済みですので、場所にご配慮いただく必要はありません。
学生スタッフ大募集
政治に関心をお持ちの学生の皆様、ぜひ一緒に活動をしてください。政治を身近に感じることで、必ずや良い経験になるはずです。新しい仙台を共に創りましょう!

お問合わせ

お電話でのお問合せ
022-707-0517

メールでのお問合わせ